中古車の買取方法を考える【中古カーライフ物語】

乗り物

中高車市場で出回る車

金融車登場の背景について

自動車

金融車というと実に得体の知れない存在に聞こえますが、世の中ではかなりでまわっている商品なのです。通常高額なローンをディーラーを通じて借り入れてクルマを購入しますと、所有権保留という形でディーラーやローン会社が車検証上の当座の所有者となってローン完済時に名義変更になるのが世の常なのですが、その状況でクルマをベースに金融業からお金をさらに借りて返済できなくなるとクルマを売却せざるをえなくなるのです。このような状況で登場するのが金融車です。しかしまともな名義変更が出来ませんから通常の買取店に持ち込んでも換金は出来ません。そこで登場してくるのがこうしたクルマを専門に扱う買取業者の存在ということになるのです。

今後も続く必要悪的存在

金融車は目立たない存在ですが、中古車市場ではそれなりに流通しています。実際車検も継続して受けられますし、納税もできて任意保険にも加入が可能です。しかし残念ながら車検証上の名義の書き換えができないのです。したがって通常の流通価格の6割程度で売買されますので、名義のことを気にせず安く高級車に乗りたいと思う顧客にはそれなりの需要があるものなのです。したがって金融車の買取というビジネスも当然生まれてくるわけです。こうしたクルマは本当に特殊な業者でないと買取をしてくれませんので、あくまでも専門店を通じて売買することになりますし、購入後売却することになれば、またそうした専門店の買取のお世話になる必要がでてくるのです。

Copyright ©2015 中古車の買取方法を考える【中古カーライフ物語】 All Rights Reserved.

This template downloaded from: freetemplates.sarkis-design.com